葬儀を安く行う方法

一般的なお葬式の価格について

一般的なお葬式の価格についての写真

あくまでも概算ですが、一般的な葬儀の全国平均は200万円前後という調査結果が多いようです。葬儀の規模やスタイルによって金額が変わるため、10万円程度の安価な葬儀もあれば、参列者が多い伝統的なスタイルの葬儀は珍しく、400万円を超える場合もあります。

葬儀の規模が変われば、葬儀の費用も変わります。しかし、葬儀の費用は、単純に葬儀の種類や形式で決まるわけではありません。全国的に見ると、西日本よりも東日本の方が葬儀費用が高い傾向にあります。しかし、これはあくまでも平均値です。実際に葬儀費用が上下するのは、主に参列者の人数、地域による葬儀の規模の違い、式場の使用料や返礼品、食事や接待にかかる金額などが原因です。

葬儀には基本的な段取りがあり、通常は祭壇や棺など、葬儀を行うために必要なものがあらかじめ用意されています。ほとんどの場合、基本料金として葬儀に必要なものがすべて含まれているプランです。

また、宗教者への謝礼として、お布施を渡すケースも多いです。

また、参列者へのおもてなしとして大きな費用が発生します。通夜・葬儀・告別式に参列する人のために、料理や引き出物を用意する必要があります。そのため、参列者の人数によって、おもてなしの費用は大きく変わります。

しかし、葬儀費用については一概には言えません。葬儀費用を考える際には、「内訳」「葬儀にかかる費用」「葬儀にかかる費用」を把握することが不可欠です。

葬儀費用を安くしたいという気持ちにとらわれて、本当に必要なものを省いてしまい、後悔することにならないように注意しましょう。自分がどんな葬儀をしたいのか、何を大切にしたいのかをよく考えて葬儀を計画しましょう。

そのためにも、葬儀を決める前には必ず見積もりを取るようにしましょう。なるべく多くの会社から見積もりを取り、比較検討することをお勧めします。また、セットプランに含まれているものとそうでないものを確認し、追加費用が発生する場合は事前に確認しておきましょう。

また、コストを抑えるという意味では、香典も有効です。香典は遺族の負担を軽くするためのものですから、支払いとして使うのが一般的で、気負いする必要はありません。葬儀費用のすべてを賄うことはできませんが、負担を軽くすることはできます。

また、自治体や保険所によって異なりますが、国民健康保険に加入している方は、亡くなってから2年以内に申請すれば、最大5万円の補助が受けられます。

文京区で葬儀や家族葬を行う葬儀社