葬儀を安く行う方法

葬儀費用ゼロ!?生活保護葬とは

葬儀費用ゼロ!?生活保護葬とはの写真

生活保護受給者に限定されはしますが、生活保護葬の場合は自治体から葬儀費用が支給されるため、自己負担金0円で葬儀を行うことができます。お金がなくて葬儀は然り火葬すらできない、ということになってしまっては公共の健全性は維持できませんので、そのための「葬祭扶助制度」が各自治体では用意されています。生活保護葬という呼び方とは別に、福祉葬、民生葬とも呼ばれ、お住まいの市区町村より受給される葬祭扶助で葬儀費用をまかなうことができるのです。

この制度を利用するには葬儀を行う前に自治体に申し込みをする必要があります。主な利用の流れをご説明します。まず、葬祭扶助が適応できるか対象者の住民票がある市役所に電話をする。自分が葬祭扶助を受けている場合は、両方に確認をする。葬祭扶助が受けられると分かった段階で葬儀社に連絡をして下さい。葬儀社がお迎えに上がります。そして葬儀後に葬儀社が申請手続きを行い、完了すると地方自治体より葬儀社に葬儀費用が振り込まれます。この流れで、ご遺族が負担する費用は実質的に0円になるのです。

葬儀の手配や役所への申請手続き等は葬儀社がすべて対応してくれますので、そのような手間も省けるため大変助かりますね。