葬儀を安く行う方法

一番安い葬儀は何ですか?

一番安い葬儀は何ですか?の写真

これまでにご紹介した葬儀の中で、最も安いのは火葬葬(直葬)です。基本的に葬儀に参列するのは親族のみで、通夜・告別式・葬儀は行わないので、葬儀に参列する人へのおもてなし(食事や返礼品)を用意する必要がありません。

しかし、安価に行える火葬には、もちろんメリットとデメリットがあります。メリットは、葬儀費用を抑えることができることです。安価といっても、十数万円程度で済みます。その分、弔問客も少なく、時間も取られないので、費用だけでなく体力的にも負担が少なくて済みます。

デメリットは、初めて火葬や直葬をした人が、お別れの時間の短さに驚くことが多いことです。大切な人をゆっくりと思い出したり、顔を見て静かにお別れをすることができないのです。一般葬を経験した人は、火葬式では供養した気がしないという状況に陥ることがあります。火葬式では通夜や告別式を行わないため、葬儀に参列した人は「あっという間のお別れだった」「本当にこれでよかったのだろうか」と後悔することが多いのです。また、お葬式の参列者を最小限にするために、お参りをしたい人が多い場合は、それぞれの要望に応える必要があり、手間がかかります。